米FOMCとは、米国の金融政策を決定する連邦公開市場委員会(会合)の名称です。日本における「日銀金融政策決定会合」やEUにおける「ECB政策理事会」に相当します。

政策金利・為替レートの誘導などの基本方針が、NY連銀に向けて指令されます。年に8回(6週間毎の火曜日)にワシントンの理事会議室で開催され、最終日の日本時間午前4時15分(サマータイム:午前3時15分)に結果を発表します。

これらの米FOMCを利用して取引する方法をご紹介します。

FOMC時の値動き

FOMCは、政策金利の利上げや利下げの声明が、市場に大きな影響を与えます。結果そのものよりも市場関係者の予想と乖離があるかないかで、株式相場を含めた市場の値動きが変化します。

市場関係者の予想とほぼ変わりない場合は、相場の値動きも小さく、予想と結果の乖離が大きい場合は、相場の値動きが激しくなります。

FOMCを利用した取引例

FOMCで発表される政策金利は、利上げが発表されるとドル買い、利下げが発表されるとドル売りという流れが基本ですが、近年では既に市場に織り込み済みで材料出尽くし感により、利上げされてもドルが売られる傾向が強いのが特徴です。

FOMC最終日の声明文発表直後は、大きく相場が動き、その後少しずつ通貨が売られる、または買われることが一般的です。

そのため、市場の様子で織り込み済みかどうかを判断してから売買することが重要となります。

FOMC値動き

また、声明文の内容から次回も利上げ/利下げするかどうかを市場は判断して相場に織り込まれていきます。

米FOMCを利用して取引するまとめ

  • 米FOMCは、米国の金融政策を決定する連邦公開市場委員会(会合)

  • 年に8回(6週間毎の火曜日)に開催

  • 政策金利の利上げや利下げの声明が、市場に大きな影響を与える

  • 利上げが発表されるとドル買い

  • 利下げが発表されるとドル売り

  • しかし、市場に織り込み済みの場合もある

  • 声明文から次回も利上げ/利下げがあるのかを判断して売買