テクニカル分析とは、過去の値動きのグラフ(チャート)で分析ツールであるインジケーターを利用して、今後の値動きを予測する投資手法です。

インジケーターは、無料のものから有料まで数百種類以上ありますが、一般的に使われている代表 ...

WTI原油とブレント原油の鞘(サヤ)

鞘とは、ある値段と他の値段との差額のことです。

ブレント原油の方がWTI原油よりも価格が高い傾向があり、2銘柄とも同じような値動きをしますが、WTI原油とブレント原油の価格差は世界の経済 ...

パラボリックSAR(Parabolic SAR)とは、RSIの考案者であるJ.W.ワイルダー氏が考案したテクニカル指標です。パラボリックとは、放物線という意味で、チャートに放物線を描いたような印が表示されます。

価格が印に ...

ストキャスティクス(Stochastic oscillator)とは、米国のチャート分析家ジョージ・レーン(George Lane)によって1950年代に考案されたオシレーター系のテクニカル指標です。

トレンドがない横ばい ...

Williams %R(ウイリアムズ%R)とは、1966年にアメリカの投資家 Larry Williamsにより開発されたテクニカル指標です。

グラフが「0 ~ -100%」内で推移し、0~-20%の間にグラフが入ると買わ ...

iFOREXは、会員ページにて取引シグナルの情報を提供しています。取引シグナルとは、iFOREX専属のプロトレーダー、アナリストが相場分析を行い、相場の方向性や売り買いの予測をユーザーに提供するサービスです。

100%確実 ...

スキャルピング取引とは、数秒から数分の間で数銭(数pips)だけの利益を狙い1日に何度も取引する取引スタイルのことをいいます。ちなみに、数十分から数時間で1日で取引を完結させるのがデイトレードです。

スキャルピング取引をす ...

MACD(Moving Average Convergence Divergence)は、2種類の移動平均線を元により精度の高い分析を行えるように開発されたインジケーターです。

MACDは、相場の方向性を判断するトレンド系 ...

RSI(Relative Strength Index:相対力指数)は、0~100までの範囲でグラフが推移し、70%超えは買われ過ぎ、30%割れは売られ過ぎと判断するインジケーターです。

RSIは、チャートの下に別枠で表示 ...

ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)は、移動平均線と標準偏差で構成されたインジケーターです。1980年頃にジョン・ボリンジャー氏が考案し「価格の大半がこの帯(バンド)の中に収まる」という統計学を応用しています。 ...