アメリカの経済指標である「米雇用統計」の発表時の為替の値動きを利用して取引することもできます。

米雇用統計は、毎月第1金曜日のニューヨーク時間午前8時30分(日本時間22時30分(サマータイム 21時30分)に発表される重要な経済指標です。

米雇用統計とは?

アメリカ国旗

米雇用統計とは、米労働省が毎月発表する米国の雇用情勢を調べた景気関連の経済指標です。

複数項目の統計が発表されますが、「非農業部門就業者数」と「失業率」の2項目の統計が重要視されます。

毎月第1金曜日のニューヨーク時間午前8時30分(日本時間22時30分(サマータイム 21時30分)に発表されます。

米雇用統計発表時の値動き

重要経済指標である米雇用統計が発表される時刻は、ドルが絡む通貨ペア(ドル/円やユーロ/ドル)の為替レートが数分で大きく変動する傾向があります。

雇用統計発表時の値動き

  • 失業率の低下や雇用者数の増加と予想値よりも良い結果になった場合は、ドル買いに繋がります。

  • 失業率の増加や雇用者数の低下と予想値よりも悪い結果になった場合は、ドル売りに繋がります。

米雇用統計を利用した取引例

米雇用統計に限らず重要な世界の経済指標発表や要人発言では、一方向に為替レートが動く傾向があります。この一方向に動く相場を利用して、逆指値注文をすることで利益をあげやすくすることが可能です。

下記チャートは、米雇用統計発表前に109.10円で逆指値買い注文をしておくことで利益をあげることができる例です。

経済指標時の逆指値注文

売り側にも逆指値売り注文を仕掛けておくことで、米雇用統計発表時にドル売りドル買いどちらに動いても利益が取りやすくなります。

逆指値注文をしたときの注意点

米雇用統計など重要な経済指標が発表されたときは、一方向に為替レートが動くことが多いですが、稀に乱高下するときや全く反応しない相場もあります。

特に下記チャート例のように、一度ドルが売られてからその後ドル買い方向へ進む相場のときは、逆指値注文をしていると一瞬で損が広がってしまいます。

経済指標時の危ない値動き

一瞬で損失が広がらないようにするためにも、逆指値注文と同時にストップ(損切り)注文も入れておくことが重要です。

ただし、誰も予想しないような要人発言が突然起きたときなどは、ストップ注文が執行されず値が飛ぶときもありますので注意しましょう。

iFOREXは追証がないので、ロスカットが間に合わず口座残高がマイナスになってしまっても口座が0(ゼロ)へリセットされる点は安心です。

日本国内FX業者は追証があるので、口座残高がマイナスになってしまった場合は借金になってしまいます。

また、追証にならないゼロカット(マイナス残高リセット)を利用した取引手法もあります。

普段利用している口座とは別の口座で損してもよい証拠金を口座に入れ、ハイレバレッジで丁半博打のように「売り」か「買い」注文を入れておくことで、「証拠金残高が0(ゼロ)になる」「利益を伸ばす」かに賭けるギャンブル的な取引方法です。

ギャンブルになるので推奨はしませんが、もしこの方法で取引するのであれば一人で複数口座開設が可能な「XM」で口座開設する必要があります。