スキャルピング取引とは、数秒から数分の間で数銭(数pips)だけの利益を狙い1日に何度も取引する取引スタイルのことをいいます。ちなみに、数十分から数時間で1日で取引を完結させるのがデイトレードです。

スキャルピング取引をする際でもインジケーターを利用してテクニカル分析を行いながら取引をしていきますが、目の前の数pipsだけを狙うので少し特殊な取引となります。

エンベロープを利用してスキャルピング取引をする方法

テクニカル分析にエンベロープを利用する方法があります。

エンベロープは、(Envelope)は、移動平均線を偏差の一定間隔で乖離させた線です。乖離した価格は、移動平均線へ回帰されるという考えの指標となります。

エンベロープを表示する

iFOREX会員ページからエンベロープを表示したい通貨ペアをクリック → チャート画面上のインジケーターアイコンをクリックします。

エンベロープ

「Moving Average Envelopes」を選択します。

エンベロープ

チャート上のMoving Average Envelopes横に表示されている歯車アイコンをクリックして設定画面を開きます。

スキャルピング取引の場合は、チャートの時間足を1分足や5分足に表示しておき、Deviation(偏差)をエンベロープ上下のラインに価格が接触するくらいに調整していきます。

エンベロープ

以上でエンベロープをチャートに表示することができます。

エンベロープは、相場の状況次第で偏差の数値をその都度変更していきます。

上記の設定例は、「Ma Period(期間): 15」「Deviation(偏差): 0.04」にしています。1分足の期間15の場合は、15分間の移動平均線となります。

期間も普段ご自身が利用している移動平均線の期間の数値と同じの方が良いでしょう。

エンベロープを利用したスキャルピング取引例

トレンドがない相場の取引例

エンベロープ上下のラインに価格が接触したときに、逆張りで売買をすることができます。

決済のタイミングは、反対側のエンベロープライン、または、中央の移動平均線で決済をします。中央で決済した方がリスクは少なくなります。

エンベロープ取引例

上記のドル/円1分足のチャートは、エンベロープ上下のラインで新規注文、中央の移動平均線で決済する売買例です。

ただし、上昇や下落のトレンドが発生してしまうと損失が広がってしまうことから、早めの損切りも大切になります。

トレンド相場の取引例

移動平均線が上向き・下向きになりトレンドが発生したときは、中央の移動平均線に価格が接触したタイミングで順張りで売買することができます。

決済のタイミングは、エンベロープのラインに価格が接触したときに決済します。逆方向に動いてしまった場合は、確実に損切りをすることも大切です。

エンベロープ取引例

上記のドル/円1分足のチャートは、エンベロープ中央値の移動平均線で新規注文、エンベロープで決済する売買例です。

反対方向に動いてしまったときは損切りをします。

以上のようにスキャルピング取引には、エンベロープを利用すると便利に取引できます。

もちろん、スキャルピング取引以外にもエンベロープは利用することができます。