iFOREXアプリは、通貨ペアや銘柄名をタッチすることで、取引画面と合わせてチャートを表示することができます。他の海外FX業者の取引アプリとは異なり、チャート画面を別に表示する必要がないので簡単です。

iFOREXアプリは、スマートフォンやタブレット端末で利用できます。iFOREXアプリでもチャートの表示やインジケーターの表示など、ウェブブラウザ版とほぼ同じ機能を使うことができます。

この記事では、iFOREX取引アプリでチャートを表示する方法をご紹介しています。

関連記事 iFOREX 取引アプリのインストールとログイン方法

通貨ペアをタッチすることでチャート表示可能

iFOREX取引アプリにログイン後、通貨ペアや銘柄をタッチ → 「チャートアイコン」をタッチすることで注文画面の下にチャートが表示されます。

iforexアプリ チャート

デフォルト(標準)設定では、「チャートアイコン」になっているので、通常は通貨ペアや銘柄を1タッチするだけでチャート表示することができます。

チャート時間足の変更方法

チャート画面上の「1m」をタッチ → ご希望の時間足をタッチすることで表示時間足を変更することができます。

デフォルト表示(最初の表示)は、「1m」(1分足)になっています。

チャート時間足変更

  • t: ティック

  • 1m: 1分足

  • 5m: 5分足

  • 15m: 15分足

  • 30m: 30分足

  • 1h: 1時間足

  • 2h: 2時間足

  • 4h: 4時間足

  • 6h: 6時間足

  • 12h: 12時間足

  • D: 日足

  • W: 週足

  • M: 月足

全画面/横表示にも対応

チャート画面右上の四角アイコンをタッチすると、全画面に切り替えることができます。

もう一度、四角アイコンをタッチすると元に戻ります。

チャート全画面

画面を横にすれば横表示にもなるので、大きいチャートで見やすくなります。

チャート横表示

関連記事 iFOREXアプリでチャートにインジケーターを表示する方法