アイフォ原油

iFOREXは、FXだけではなく原油も取引可能です。

iFOREXの原油商品は、「WTI原油」「ブレント原油」の2商品があり、どちらも取引が可能です。

WTI原油とブレント原油の違いについて

WTI原油とは?

WTI原油とは、West Texas Intermediateの略で、西テキサス地方で採鉱される原油のことです。世界的にも取引量も多く米国の景気の指標としても使われます。

ブレント原油とは?

イギリスの北海にあるブレンド油田から採鉱される原油のことです。

どちらも似たような動きをしますが、その国の経済情勢によって原油価格は少しずつ異なってきます。

また、海底油田であるブレント原油の方がWTI原油よりも若干高く推移しています。

2016年の原油動向

WTI原油

2016年に入り原油価格は大きく変動しています。

2016年2月に入りWTI原油は、1バレル26ドル台をつけると上昇を始め、1ヶ月後の3月には1バレル42ドル台を回復し、その後また下落に転じています。

原油価格がもたらす影響例

エネルギー企業株価との連動

原油価格に影響する企業

「Exxon Mobil(エクソン・モービル)Chevron(シェブロン)、Iberdrola(イベルドローラ)」などのエネルギー企業は、原油価格が下落すると収益が減少すると市場から予想され、株価が下落する傾向があります。

反対に、原油価格が上昇すれば株価が上昇する傾向があります。

iFOREXでは、Exxon Mobil(エクソン・モービル)、Chevron(シェブロン)、Iberdrola(イベルドローラ)のエネルギー企業の銘柄もCFD取引ができます。CFD取引なので売りから注文を開始することが可能です。

航空企業株価への影響

飛行機

航空企業の株価は、原油価格が下落するとジェット燃料にかかるコストが安くなる為、株価上昇のきっかけになることもあります。

iFOREXではLufthansa(ルフトハンザ)が航空企業の株として取引できます。

大手製造業者への影響

工場

原油価格が下落することで、原油関連商品のコスト減になる為、大手製造業者の株価上昇の材料の一つとなる時があります。

iFOREXでは、「エアバス、シーメンス、ゼネラル・エレクトリック、インテル」が大手製造業の株として取引できます。

株式CFD銘柄は、その国の市場がオープンしてから取引が可能です。

上記例のような原油が影響する株を取引することで利益をあげるチャンスもあります。