iFOREXのオンライン取引画面が新しくリニューアルしました。

オンライン取引画面は、iFOREX公式サイトからログインしウェブ上で取引が可能なので、パソコン環境を選ばずネットが繋がればいつでも取引ができます。

今まで以上にiFOREXのオンライン取引画面が使いやすくなり、FX取引はもちろんのこと、CFD取引もスムーズに行えます。変更点は大きく分けて下記3つです。

1. ホームレイアウトの変更により取引がよりスムーズに

iFOREX公式サイトへログインし、ホーム画面に表示されたご希望の銘柄をクリックするだけで取引画面にスムーズにアクセスできるようになりました。

iforex取引画面

ご希望の銘柄の「売」「買」のどちらかをクリックするだけで、売買が選択済みの状態で取引画面がポップアップで表示されます。

後は、数量を選択し「注文」ボタンをクリックするだけと簡単です。

iforex取引画面/p>

取引したい数量に応じて必要証拠金が自動表示

ポップアップで表示される新規注文画面は、数量に応じて必要証拠金が自動表示されるようになしました。

どのくらいの数量でいくらの証拠金が必要か一目で分かるので、更に取引しやすいですね!

iforex取引画面

損切り・利確ラインの金額が自動表示

ストップ、利確ラインのレートを±ボタンで調整すると、金額も自動的に連動されます。

反対に、損切りする金額、利確したい金額を入力すると、レートが自動表示されるので、決済のタイミングのイメージがつきやすいのも魅力ポイントです。

iforex取引画面

2. 注文画面でチャート分析が可能

注文の同一画面内でチャート分析が行えるので、チャートだけ別画面で開く必要がありません。

注文画面の下の「ツール」をクリックすることで、同一画面でチャートを表示できます。

更に、チャート左上の「…」アイコンをクリックすることで、各種テクニカル分析も可能です。

iforex分析ツール

3. 注文画面で市場情報と経済指標カレンダーを表示可能

チャート分析に加え、市場情報やシグナル、経済カレンダーを表示することができます。

市場ライブ情報

売り買いのスワップ情報を閲覧可能なのはもちろんのこと、その日の高値・安値、GMT0:00を基準にした終値・始値の情報も確認できます。

また、iFOREX内で取引している投資家の「上昇・下落」の予想もグラフで一目で分かるようになりました。

iforex分析ツール

経済カレンダー

もう別の画面で経済指標を確認する必要はありません。

取引画面から経済指標一覧を確認できるので、直近の経済指標を見逃しません。

iforex経済指標

以前のiFOREXウェブ取引ツールより、ホーム画面も見やすく取引もしやすくなりました。

新しい取引ツールは、iFOREX公式サイトからログイン後に閲覧可能です。