Williams %R(ウイリアムズ%R)とは、1966年にアメリカの投資家 Larry Williamsにより開発されたテクニカル指標です。

グラフが「0 ~ -100%」内で推移し、0~-20%の間にグラフが入ると買われすぎ、-80%~-100%の間で売られすぎと判断します。

ウイリアムズ%Rをチャートに表示する方法

iFOREXアプリへログイン後、ご希望の銘柄をタッチ → 「インジケーターアイコン」をタッチ → 「Williams %R」を選択することで表示できます。

パソコンのウェブブラウザ版でも同じような操作でウイリアムズ%Rを表示できます。

ウィリアムズ%R表示方法

期間は「14」のまま変更せずに利用するのが一般的です。期間を短くすると敏感に反応し、長くすると反応が鈍くなります。

ウイリアムズ%Rを利用した取引方法

ウイリアムズ%Rでは、-20%付近で売りサイン、-80%付近で買いサインと捉えて売買します。

ウイリアムズ%R取引方法

上記売買例は、-80%以下で買い、-20%以上で売り、中央の-50%で利確をしています。

ウイリアムズ%Rは、トレンド相場が弱点のため、トレンドが発生して再度-20%や-80%ラインに達するようであれば早めに損切りします。

ウイリアムズ%Rは、オシレーター系指標のRSIと同じような動きをしますが、ウイリアムズ%Rの方が価格に敏感に動きます。

その為、”騙し”も多いことから、移動平均線やエンベロープなどの複数のインジケーターを組み合わせて総合的に売買を判断することが大切です。