価格の安値同士・高値同士を線で結び、直線や斜線をチャートに引くことにより、売買の判断をすることができます。

直線は、水平ラインといわれレジスタンスライン/サポートラインとしての役目になり、斜線はトレンドラインといわれ、主にトレンドを判断する役目になります。

この記事では、水平ラインやトレンドラインを利用して取引する方法を、パソコン画面にて画像付きでご紹介しています。

関連記事 iFOREXアプリでトレンドラインと平行線を引く方法

レジスタンスラインとは

Resistance line(抵抗線)とは、一定のラインで相場が上昇しづらくなる価格帯のことをいいます。

世界中の市場参加者のテクニカル分析などの様々な要因から、心理的に売り圧力が強くなる価格の抵抗帯で、レジスタンスラインに価格が近づくと下落する傾向があります。

しかし、レジスタンスラインを価格が超えると、市場参加者は損切りや途転売買することになり、上昇する傾向があります。

水平ライン

現在価格の上に引いた水平ラインは、すべてレジスタンスラインになります。

サポートラインとは

Support line(支持線)とは、一定のラインで相場が下落しづらくなる価格帯のことをいいます。

世界中の市場参加者のテクニカル分析などの様々な要因から、心理的に買い圧力が強くなる価格の抵抗帯で、サポートラインに価格が近づくと上昇する傾向があります。

しかし、サポートラインを価格が下回ると、市場参加者は損切りや途転売買することになり、下落する傾向があります。

水平ライン

現在価格の下に引いた水平ラインは、すべてサポートラインになります。

現在価格の上にあるラインは、レジスタンスラインとなり、現在価格の下にあるラインはサポートラインになります。

一度引いた水平ラインは、現在価格の位置により、レジスタンスラインにもサポートラインにもなります。

水平ラインによる取引例

水平ラインは、過去チャートの価格の上値同士/安値同士を結んだ直線です。

水平ラインは、それぞれレジスタンスラインとサポートラインの役目になり、水平ライン付近では価格が下落や上昇するポイントになります。

下記チャートのように、青丸箇所で売り、赤丸箇所で買い注文をすることで利益をあげやすくなります。

水平ライン

オレンジ色の丸の箇所は、水平ライン(レジスタンスライン)を上に抜けたポイントです。レジスタンスラインを価格が超えて上昇しているのが分かります。

トレンドラインとは

Trend lineは、チャートの安値同士、高値同士を線で結び、上昇/下落トレンドを判断する補助線です。

相場全体のトレンドを判断するとともに、上昇トレンドではサポートラインとして、下落トレンドではレジスタンスラインとしても機能します。

上昇トレンドラインを利用した取引例

上昇トレンドラインは、サポートライン(支持線)としても機能します。赤丸の箇所で価格がトレンドラインに接触して反発しているのが分かります。

赤丸の箇所で買い、価格がトレンドラインより下に抜けたポイント(青丸の箇所)で売り注文をすることで利益があげやすくなります。

下落トレンドラインを利用した取引例

下落トレンドラインは、レジスタンスライン(抵抗線)としても機能します。青丸の箇所で価格がトレンドラインに接触して反落しているのが分かります。

トレンドライン

青丸の箇所で売り、価格がトレンドラインより上に抜けたポイント(赤丸の箇所)で買い注文をすることで利益があげやすくなります。

抵抗線・支持線・トレンドラインで取引する方法まとめ

  • 過去のチャートから反落や反発した箇所(上値同士/下値同士)に水平線を引く

  • 反発・反落を何度も繰り返す強い抵抗線や支持線は信頼度も強い

  • 抵抗線・支持線を簡単に抜けてしまう弱い水平ラインもある

  • 支持線に接触で「買い」、抵抗線に接触で「売り」の判断

  • 支持線や抵抗線を価格が抜けたら「損切り」「途転」の判断