MACD(Moving Average Convergence Divergence)は、2種類の移動平均線を元により精度の高い分析を行えるように開発されたインジケーターです。

MACDは、相場の方向性を判断するトレンド系と相場の買われすぎ売られすぎを判断するオシレーター系の両方の性質を持っています。

関連記事 iFOREXアプリでMACDを表示する方法

MACDの見方

チャートの画面下に表示されているのがMACDです。iFOREXの場合、「MACD(水色)」「Signal(オレンジ色)」「Histogram(灰色)」の3つがデフォルトで表示されています。

MACD

Histogram(ヒストグラム)は、MACDとSignalの差を表しているので、MACDとSignalが交差する箇所ではヒストグラムが0となります。

MACDグラフ枠の歯車アイコンをクリックすることで、線の色やスタイル、数値を変更することができます。

MACDとSignalの交差で売買を判断

  • MACDがSignalを下から上に抜けたとき = 買いサイン

  • MACDがSignalを上から下に抜けたとき = 売りサイン

下記チャートは、MACDとSignalが交差する箇所で売買した例です。

ゴールデンクロスでは買い注文をし、デッドクロスでは売り注文をしています。

MACD

MACDとシグナルの差がある程度大きいとき(ヒストグラムが高いとき)は、MACDとシグナルの交差で売買することで利益があげやすくなります。

ヒストグラムが低いときは、売買判断が難しいので取引を見送るか他のテクニカル分析で売買判断をします。