iFOREXスマホ・タブレット用の取引アプリで単純移動平均線を表示させるには、チャートからインジケーター追加アイコンをタッチして「Simple Moving Average」をタッチするだけと簡単です。

以下、画像付きでiFOREXアプリで単純移動平均線(MA)を表示する方法をご紹介します。

単純移動平均線とは

一定期間の平均値をチャートに表したグラフです。

日足チャートにて期間14で単純移動平均線を設定した場合は、14日移動平均線(14MA)となり、過去14日間の平均値をチャートに重ねてグラフ(線)を表示します。

Simple Moving Averageをチャートに追加する

iFOREX取引アプリにログイン後、チャート上の「インジケーターアイコン」をタッチ → 「Simple Moving Average」をタッチします。

関連記事 iFOREX 取引アプリのインストールとログイン方法

関連記事 iFOREX 取引アプリのチャート表示方法

移動平均線の期間を設定する

続いて移動平均線の期間を設定するために、Simple Moving Average横の「歯車アイコン」をタッチ → 期間を入力 → 画面右下の「決済」ボタンをタッチします。

移動平均線表示

歯車アイコンがタッチしづらい時は、チャート画面右上の拡大アイコンをタッチして拡大するとタッチしやすくなります。

単純移動平均線の期間について

移動平均線の期間は、特に決まりはなく自由に設定できますが、主に区切りのよい期間で設定するのが一般的です。

例えば、1週間は土日が市場休場で5日間となるので、日足チャートにおいては、5日、10日、15日…等の数値にします。

時間足移動平均線の期間
15分足4、8、12、16、20、24、48、64、96など
1時間足4、8、12、24、36、48、72、96、120など
日足5日、10日、20日、22日、25日、50日、75日、100日、200日など
週足13週、26週、52週など
月足12ヶ月、24ヶ月、60ヶ月など

15分足チャートで4の設定なら1時間となり、1時間足チャートで24の設定なら1日という区切りの平均値になります。

移動平均線の表示

以上でチャートに単純移動平均線を表示させることができます。

関連記事 移動平均線を利用した取引方法

一時的に非表示にしたい場合は、「目のアイコン」をタッチします。

削除したい場合は、「バツ印」アイコンをタッチすることで削除できます。