iFOREX(アイフォレックス)のスマートフォン/タブレット用アプリでRSIを表示するには、チャート画面のインジケーターアイコンからRelative Strength Indexをタッチするだけで簡単に表示できます。

RSIとは

RSI(Relative Strength Index)とは、日本語で相対力指数を表し、売られすぎ・買われすぎを判断するグラフです。

0~100までの数字が表示され、70%超えは買われ過ぎ、30%割れは売られ過ぎの水準と判断して取引に活かします。

Relative Strength Indexをチャートに追加する

iFOREX取引アプリにログイン後、チャート画面の「インジケーターアイコン」をタッチ → 「Relative Strength Index」をタッチします。

RSI表示方法

関連記事 iFOREX 取引アプリのインストールとログイン方法

関連記事 iFOREX 取引アプリのチャート表示方法

RSI表示完了

RSIの数値は、デフォルトで期間が「14」、Ma Periodが「9」となっていますが、基本的に変更せずそのまま利用します。

1978年、J.W.ワイルダーがRSIを発表し、日足で使うことを想定した指標なので、日足チャートで使うことが推奨されます。

RSI

チャート下に別枠で表示されているのがRSIです。

以上の簡単なタッチ操作でRSIが表示できます。

関連記事 RSIを利用した取引方法

一時的に非表示にしたい場合は、「目のアイコン」をタッチします。

削除したい場合は、「バツ印」アイコンをタッチすることで削除できます。