iFOREXスマホ/タブレット用アプリでエンベロープをチャートに表示するには、インジケーターアイコンをタッチ → 「Moving Average Envelope」をタッチすることで表示できます。

エンベロープとは

エンベロープ(Envelope)は、移動平均線を偏差の一定間隔で乖離させた線です。

乖離した価格は、移動平均線へ回帰されるという考えの指標となります。

エンベロープをチャートに追加する

iFOREX取引アプリにログイン後、チャート画面上の「インジケーターアイコン」をタッチ → 「Moving Average Envelope」をタッチします。

エンベロープ表示方法

関連記事 iFOREX 取引アプリのインストールとログイン方法

関連記事 iFOREX 取引アプリのチャート表示方法

エンベロープの期間と偏差を設定する

続いてエンベロープの期間と偏差を設定するために、Moving Average Envelope横の「歯車アイコン」をタッチ → 「Me Period(期間)」と「Deviation(偏差)」を入力 → 画面右下の「決済」ボタンをタッチします。

エンベロープ設定

エンベロープの期間と偏差の数値ついて

エンベロープは、移動平均線の乖離具合を表示する指標なので、普段利用している移動平均線の数値に合わせて設定します。移動平均線を利用していない場合は、「単純移動平均線の期間について」の記事を参考に数値を設定します。

エンベロープの偏差は、表示しているチャートの時間足によって異なります。エンベロープの上下のラインがローソク足に接触して反発や反落する辺りで数値を調整していきます。

下記のエンベロープは、ドル/円の1時間足チャートにて、期間20、偏差0.2を設定して表示しています。

エンベロープの表示

以上の簡単な操作でiFOREXアプリでエンベロープが表示できます。

一時的に非表示にしたい場合は、「目のアイコン」をタッチします。

削除したい場合は、「バツ印」アイコンをタッチすることで削除できます。

関連記事 エンベロープを利用した取引方法