Thumbnail of post image 176

RSI(Relative Strength Index:相対力指数)は、0~100までの範囲でグラフが推移し、70%超えは買われ過ぎ、30%割れは売られ過ぎと判断するインジケーターです。

RSIは、チャートの下に別枠で表示 ...

Thumbnail of post image 088

ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)は、移動平均線と標準偏差で構成されたインジケーターです。1980年頃にジョン・ボリンジャー氏が考案し「価格の大半がこの帯(バンド)の中に収まる」という統計学を応用しています。 ...

Thumbnail of post image 041

価格の安値同士・高値同士を線で結び、直線や斜線をチャートに引くことにより、売買の判断をすることができます。

直線は、水平ラインといわれレジスタンスライン/サポートラインとしての役目になり、斜線はトレンドラインといわれ、主に ...

Thumbnail of post image 174

移動平均線は、一定期間の価格の平均値を線で表しています。

チャートに移動平均線を表示することで、相場トレンド(方向性)の確認や複数の移動平均線の交差のタイミングで売買の判断が可能になります。

この記事では、移動 ...