テクニカル分析とは、過去の値動きのグラフ(チャート)で分析ツールであるインジケーターを利用して、今後の値動きを予測する投資手法です。

インジケーターは、無料のものから有料まで数百種類以上ありますが、一般的に使われている代表的なインジケーターは数種類と限られてきます。

今回は、それらの代表的なインジケーターを利用してテクニカル分析で取引する方法をご紹介しています。

移動平均線(MA)

移動平均線とは、一定期間の平均値をチャートに表したグラフのインジケーター(指標)です。単純移動平均線ともいいます。

iFOREXの取引ツールでは、インジケーター追加から「Simple Moving Average」を選択することでチャートに表示できます。

相場の方向性(トレンド)を判断する

平均値のグラフが上昇・下落かによって、相場の方向性(トレンド)を判断することができます。

移動平均線のトレンド判断

  • 上昇相場買い注文をすることで利益がでやすくなる

  • 下降相場売り注文をすることで利益がでやすくなる

移動平均線同士の交差で売買を判断する

期間の短い移動平均線が、より長い期間の移動平均線と交差するタイミングによって売買の判断ができます。

  • ゴールデンクロス: 買いのサイン

  • デッドクロス: 売りのサイン

移動平均線同士の交差で売買を判断

ゴールデンクロスの地点で買い注文をすることで利益をあげやすくなります。

逆にデッドクロスの地点で売り注文をすることで利益をあげやすくなります。

詳しくは、下記リンク先の記事でご紹介しています。

移動平均線を使って取引する方法

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)とは、移動平均線と標準偏差で構成されたチャートの上下に表示されるグラフのインジケーターです。

iFOREXの取引ツールでは、インジケーター追加から「Bollinger Bands」を選択することでチャートに表示できます。

偏差で売買の判断をする

ボリンジャーバンドの偏差は、±1~3で3つを表示させると、統計上の確率がわかるようになります。

ボリンジャーバンド確率

  • 「-1σ」~「+1σ」の間に値が存在する確率は68.3%

  • 「-2σ」~「+2σ」の間に値が存在する確率は95.5%

  • 「-3σ」~「+3σ」の間に値が存在する確率は99.7%

ボリンジャーバンドの「-2σ」や「2σ」ラインの外側に現在値がある場合、その発生確率は4.5%しかないことになり、何れ±2σのバンド内に値が収まる事を予測できます。

この確率を利用して売買の判断をすることができます。

ボリンジャーバンド取引例

詳しくは、下記リンク先の記事でご紹介しています。

ボリンジャーバンドを利用して取引する方法

エンベロープ

エンベロープ(Envelope)とは、移動平均線を偏差の一定間隔で乖離させた線です。

ボリンジャーバンドと見た目が似ていますが、一定間隔で移動平均線の偏差を乖離した線となり、内容は全く異なります。

iFOREXの取引ツールでは、インジケーター追加から「Moving Average Envelope」を選択することでチャートに表示できます。

エンベロープ上下のラインで売買を判断する

エンベロープ上下のラインに価格が接触した地点で、逆張りで売買をすることができます。

中央の移動平均線で決済をした方がリスクは少なくなります。

エンベロープ取引例

エンベロープ上で売り、エンベロープ下で買い注文をすることで利益があげやすくなります。

詳しくは、下記リンク先の記事でご紹介しています。

エンベロープを利用して取引する方法

RSI(相対力指数)

RSI(Relative Strength Index)とは、日本語で相対力指数を表し、売られすぎ・買われすぎを判断するグラフのインジケーターです。

iFOREXの取引ツールでは、インジケーター追加から「Relative Strength Index」を選択することでチャートに表示できます。

30%以下、70%以上で売買を判断する

  • RSIが70%超えると買われすぎと判断: 売り注文

  • RSIが30%割れると売られすぎと判断: 買い注文

RSI取引例

上記チャート例のように、30%以下で買い注文、70%以上で売り注文をすることで利益があげやすくなります。

詳しくは、下記リンク先の記事でご紹介しています。

RSIを利用して取引する方法

MACD(マックディー)

MACD(Moving Average Convergence Divergence)は、2つの指数移動平均線(一般的に12EMAと26EMA)の差とその差に移動平均線を加えて表示したインジケーターです。

iFOREXの取引ツールでは、インジケーター追加から「Moving Average Convergence Divergence」を選択することでチャートに表示できます。

MACDとシグナルの交差で売買を判断する

  • MACDがSignalを下から上に抜けたとき = 買いサイン

  • MACDがSignalを上から下に抜けたとき = 売りサイン

MACD取引例

上記取引例のように、MACDとシグナルがゴールデンクロスになったときに買い、デッドクロスになったときに売り注文をすることで利益をあげやすくなります。

詳しくは、下記リンク先の記事でご紹介しています。

MACDを利用して取引する方法

トレンドラインと水平ライン

インジケーター(指標)ではありませんが、チャートに補助線を引くことで売買の判断に活用することができます。

トレンドラインとは、チャートの安値同士、高値同士を斜線で結び、上昇/下降トレンドを判断する補助線です。

水平ライン(水平線)とは、チャートの安値同士、高値同士を平行に直線で結び、価格の抵抗や支持のラインを判断する補助線です。

チャート上の「ラインアイコン」を選択することでチャートに各ラインを引くことができます。

抵抗線と支持線で売買の判断をする

トレンドラインや水平ラインをチャートに引いたときに、価格の下にあるラインは「支持線(サポートライン)」となり、価格の上にあるラインは「抵抗線(レジスタンスライン)」となります。

価格がそのライン以下に下がりづらくなるので価格が支持されるということから支持線、価格が上に上がりづらくなるので価格が上にいかないように抵抗されることから抵抗線と言われます。

水平ライン取引例

上記取引例のように、サポートライン(支持線)では買い、レジスタンスライン(抵抗線)では売り注文をすることで利益があがりやすくなります。

また、各ラインを突破すれば突破した方向に価格が動きやすい傾向もあります。

詳しくは、下記リンク先の記事でご紹介しています。

レジスタンスライン・サポートライン・トレンドラインを利用して取引する方法